カジノイベント総合プロデュース企業
株式会社ブライト / Bright,Inc.

MiniBaccarat カジノルール攻略ガイド|ミニバカラ

概要(バカラ)


ミニバカラは、ゲームの勝敗、決着スピードの速さからカジノの王様( The king of casino )と呼ばれるカードゲームです。
もっともスリリングなこのゲームは、カードの合計数字の下一桁が『9』に近いほうが勝ちというシンプルなものです。ゲームの決着スピードが早く、カジノ経験者に好まれる傾向があります。アジア圏において最も人気のあるカジノゲームです。

使用する代表的な道具
(バカラ)

基本ルール(バカラ)


カジノディーラーが一定のルールに従い、先攻側(※1)、後攻側(※2)の2箇所にカードを2~3枚配ります。
カードの合計数字の下一桁が「9」に近いほうが勝ちとなります。
プレイヤーは先攻側、後攻側のいずれが勝利するかを予想します。(※3)
※1 先攻側は、プレイヤー(PLAYER)と呼ぶ。
※2 後攻側は、バンカー(BANKER)と呼ぶ。
※3 両者引分けを予想し、タイ(TIE)と呼ばれる場所に賭ける事も可能。

【カードの数え方】
”2~9”まではそのままの点数、”A”(エース)は「1点」、”10・J・Q・K”は「0点」と数えます。

一般的なゲーム進行の流れ
(バカラ)


【1】 カジノディーラーからの『place your bet』(賭けてください)の合図でゲームがスタート。
【2】 ベッティングエリアにチップを賭けてください。※「ベッティングエリアと倍率」参照
【3】 カジノディーラーからの『no more bet』(締切です)の合図で賭けを締め切ります。
【4】 カジノディーラーは「プレイヤー」「バンカー」それぞれにカードを2枚配ります。
    勝負は「 プレイヤー対バンカー」 の間で行われ、最終的にカードの合計点数の「下一桁が9に近いほう」が勝ちとなります。
【5】 「プレイヤー」「バンカー」とも追加のカードを1枚だけ引く場合があります。
    カードを「引く」か「引かない」かは ”条件” と呼ばれるルールに従います。
    (詳細は下記の図「カードの追加ルール表」を参照)ゲーム途中において参加者のカード選択権はありません。
【6】 【1】で選んだ方が9点に近いと勝ちとなり、賭け金と同額の配当を得ることができます。
    但し、バンカーで勝った場合はコミッション(手数料)を差し引かれて配当が支払われます。※「コミッション」参照

※上記は一般的なゲーム進行の流れであり、カジノのハウスルールによってルールは変動することがあります。

コミッション(手数料)


コミッションとは手数料のことで、バンカーで勝利して得られる配当から差し引かれる手法が一般的です。カジノによってコミッションの徴収方法が異なりますので、世界のカジノにおいて代表的なコミッションの徴収方法をご紹介します。

① 5%コミッション
バンカーが勝利する毎に賭け金に対して5%のコミッションを徴収。
例)$100の賭け金の場合⇒$5のコミッションが発生
② シックスバンカーハーフ
バンカーが「6」でプレイヤーに勝利した場合に賭け金に対して50%のコミッションを徴収。
例)$100の賭け金の場合⇒$50のコミッションが発生
③ ドラゴン7
バンカーが3枚目を引いて「7」でプレイヤーに勝利した場合に賭け金に対して100%のコミッションを徴収。
例)$100の賭け金の場合⇒$100のコミッションが発生

ベッティングエリアと倍率
(バカラ)



歴史(バカラ)


バカラは15世紀に生まれ、貴族たちのゲームとして遊ばれていました。それが19世紀半ば、ヨーロッパ全域でのカジノの大流行により、ルーレットと並ぶギャンブル・ゲームとしてその地位を不動のものとしました。
現在、バカラが「The king of casino」(カジノの王様)とまで言われている理由は、ゲームの勝敗の決着スピードの速さと、短い時間で莫大な掛け金が動くことに他なりません。ちなみに「バカラ」はイタリア語で “0”(ゼロ)を意味します。

ワンポイントアドバイス
(バカラ)


世界にはミニバカラの他に「ミディバカラ」や「ビッグバカラ(オオバカラ)」があります。いずれのタイプも基本的な賭け方は変わりません。カードのめくり方(※下記「スクイーズ(絞り)」参照)、カジノテーブルの大きさやカジノレイアウト、カジノディーラーの人数が変わるだけですので、基本ルールさえ理解しておけばタイプを問わずお楽しみいただけます。
バカラのテーブル

ミニバカラ

半円形のテーブルで行う、簡略式のバカラ。一人のディーラーで全てを進行できるようになっている。

ミディ・バカラ

10〜12人程度の参加者が一つのテーブルに着席できる大型のバカラ。ディーラーも3名となり、ゲームがより儀式的になっていく。14名以上の参加が可能なテーブルを「ビッグ・バカラ」と呼ぶ。


■スクイーズ(絞り)
スクイーズとは、高額レートのテーブルで用いられることが多く、特定のプレイヤーがカードをめくることを指します。
ほとんどのカジノではスクイーズを採用しており、バカラの醍醐味と言っても過言ではありません。
スクイーズの権利は、そのサイド(PLAYER or BANKER)に一番多く賭けた人と定められています。(稀にテーブルの中でツキがある人にスクイーズの権利を譲るケースもあります)伏せられたカードを端から少しずつめくっていく緊張感をお楽しみください。


※ページ内情報の無断転用を禁止いたします 株式会社ブライト